利益が見込めたから、

仕入れたけど、

気が付けば赤字になっている。

 

そんな経験ありませんか?

 

僕は今でもあります。

 

ではどうしますか?

 

赤字で売る。

相場が戻るまで待ってから売る。

 

 

どちらも正解と言えば、

正解なのですが、

②は資金に余裕が無いと、

出来ない戦略です。

 

今回は①の場合の

説明をしていきます。

 

赤字でも売った方が良い理由!

まずせどりは数字を、

トータルで見る必要があります。

 

例えば、

5000円で仕入れて4000円で売って1000円の赤字

5000円で仕入れて10000円で売って5000円の黒字

の2商品があったとします。

 

これを商品別でしか判断出来ない場合、

①だと1000円マイナスです。

これは、1000円損をしたという事です。

 

では②はどうか?

5000円プラスです。

こっちは5000円得をしています。

 

商品別で見ると①は駄目ですよね?

お金を増やす為にやっているのに、

減っています。

 

ではこれをトータルで見るとどうなるのか?

①+②で見ます。

-1000円+②5000円4000円

 

トータルで見ると4000円増えた事になります。

 

どうですか?

せどりは1商品赤字だからと、

一喜一憂している暇は無いです。

 

最終的にトータルで、

プラスになっているのかが、

重要です。

 

逆に①の相場が戻るまで

待つ場合はどうか。

 

②だけが先に売れます。

5000円の黒字です。

 

しかし①が売れ残っています。

 

この時に考える事は、

①の仕入れ額です。

 

②が売れて5000円の

利益が出ていても、

①が売れ残っているので、

②-①です。

 

利益5000①仕入額5000

 

今回①の相場が戻るまで待つ場合は、

②が売れて数字上は利益が出ているように見えても

実際に手元にお金は増えていません。

 

なぜなら①の仕入額分を②の利益で、

まかなったからです。

 

今回②の利益は在庫金となりました。

①を②の利益でまかなった事により、

①はいつ売れてもいいですし、

売れた瞬間、初めて②の利益が出た事に

なります。

 

これを想定して販売しているなら、

オッケーだと思います。

 

しかし単純に赤字では売りたくない

って理由ならさっさと売り切って

赤字でも資金を回収して、

次の仕入れにまわしていった方が良いです。

 

損切りをしないとどうなるのか?

 

損切りとは損益を確定させるという事です。

 

もともと株とか投資系で主に使われる用語です。

 

自分が仕入れた商品が、

出品者増加により、

値崩れを起こしました。

 

今売れば100円の赤字

それを赤字では売りたくないし、

また相場が戻るだろうと

思い1週間待ってみました。

 

すると次は1000円の赤字になっています。

 

どうですか?

 

そこで売らないとクレジットの、

支払いが出来ないから売る。

 

結果的に1000円の赤字です。

 

これは損を切るタイミングを、

間違えた事により

100円の赤字済んだはずが

1000円の赤字になりました。

 

おそらくこういうのが1商品なら、

他の商品を売って利益が出ているなら、

1000円くらいの赤字でも問題無く

キャッシュがまわると思います。

 

しかしそんな商品が、

仮に10も20もあったらどうでしょうか?

 

赤字額が膨らんで、

トータルでマイナス

なる可能性もあります。

 

ずっと待っていれば

最安値からどんどん売れていき、

相場は絶対に戻ります。

 

むしろ時間が経過すればする程、

価値が高くなり相場が上がる商品もあります。

 

でも資金に余裕が無い場合は、

クレジットの支払いを意識していないと

いけません。

 

相場が戻るのを待って、

クレジットの支払いに、

間に合うならいいと思うのですが、

損切りを嫌がったが為に、

商品が売れ残り、クレジットの

支払いが出来なくなる事は、

一番避けた方が良いです。

 

なぜならクレジットカードの

支払いが出来なくなると、

カード枠がまだ残っていても、

支払いが完了するまで、

一時的に利用する事が出来なくなるからです。

 

そしてカードが利用出来なくなれば、

仕入れが出来ません。

 

そうなるよりは、赤字になってしまったら

しっかりと割り切って、赤字でもいいから

売り切る事を意識した方が良いです。

 

でも売り切って終わり。

では駄目です。

 

なぜ赤字になったのかを、

しっかり分析して、次は同じ失敗を

しないように注意しないといけません。

 

まとめ

せどりを開始した時は、

1商品赤字になるだけでも

どうしようってなります。

 

損切りがなかなか出来なくて、

支払いに間に合わなくなり、

クレジットカードが停められて、

仕入れが出来なくなる。

 

 

そんな悪循環に陥らない為にも、

勇気を持って損切りをして好循環

変えていけるようにしましょう!

 

しっかり分析をして、

販売経験を積めば、

赤字になる商品の数は

少なくなります。

 

例え赤字で売ったとしても、

それが経験となり、

次から同じ失敗はしません。

 

失敗は成功の元だと思います!





ご覧いただきありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

いつもクリックありがとうございます。

更新の励みになります。

 
せどり ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


LINE@始めました!気軽にお友達登録して下さい!
LINE@でも秘密記事用パスワードプレゼント中!
友だち追加

 

     
*メールアドレス